Page Top

レッドライジングブックス

TSUTAYA x リンダパブリッシャーズ 第2回WEB投稿小説大賞

アニメ映像作品の原作を意識した Aコース 締切2017年6月30日
Aコースに応募する
実写映像作品の原作を意識した Bコース 締切2017年9月29日
Bコースに応募する

イラスト / 四季童子

TSUTAYA×リンダパブリシャーズ第2回WEB投稿小説大賞概要

TSUTAYA×リンダパブリシャーズ
第2回WEB投稿小説大賞概要

あなたの小説
“書籍化を”めざしてみませんか

株式会社リンダパブリッシャーズとTSUTAYAは、小説投稿サイト「小説家になろう」において「TSUTAYA×リンダパブリッシャーズ 第2回WEB投稿小説大賞」を開催いたします。
応募部門は2つ設定させていただきます。

Aコース[もし私の作品が映像化されるのであれば「アニメ」がいいな]
Bコース[もし私の作品が映像化されるのであれば「実写」がいいな]

上記の2部門で小説作品を募集いたします。コンテストで受賞した作品は書籍として当レーベルから出版されます。各部門の詳細ページより応募要項をご確認の上、奮ってご応募ください。
皆様の熱意溢れる作品をお待ちしております。

TSUTAYA×リンダパブリシャーズ
第2回WEB投稿小説大賞概要のポイント

①1年に4回応募チャンス!
※3か月に1度、Aコース、Bコースどちらかの締め切りがあります。

②参加はかんたん!また、受賞作は必ず書籍化いたします!
※受賞作は株式会社リンダパブリッシャーズライトノベルス文芸レーベル「レッドライジングブックス」から刊行されます。

募集要項

募集要項

WEB 投稿小説大賞15万 受賞10万

各受賞作はすべて株式会社リンダパブリッシャーズ「レッドライジングブックス」から書籍化されます。
※受賞作は複数選出される可能性があります。
※受賞作については映像化のアプローチをご協力いただける映像企業に行います。ですが、必ずしも映像化をお約束するものではありません。ご了承ください。

【個人情報の取り扱いについて】
受賞作品の書籍化にあたり、以下の情報が株式会社リンダパブリッシャーズに提供されます。
●氏名 ●メールアドレス ●電話番号
上記の個人情報は、書籍化に関するご連絡の目的にのみ使用し、その他の目的には使用いたしません。

スケジュール

Aコース
◆2017年03月30日 13時:応募開始
◆2017年06月30日 13時:応募締切
◆2017年09月29日 13時:受賞作発表
◆2017年12月~以降: 受賞作品出版予定
Bコース
◆2017年03月30日 13時:応募開始
◆2017年09月29日 13時:応募締切
◆2017年12月22日 13時:受賞作発表
◆2018年03月~以降: 受賞作品出版予定

募集方法

「小説家になろう」のサイトに登録し、投稿している作品(完結・未完は問わず)にキーワードを設定してください。
Aコースは「ツタヤリンダ大賞A2」(アルファベット・数字は半角です)
Bコースは「ツタヤリンダ大賞B2」(アルファベット・数字は半角です)

こちらを設定すれば応募完了です。
 ※締切時点で応募条件を満たした作品が選考対象となります。
選考に必要な為、各コースの受賞作が発表される頃まで、キーワードを消さないようご注意ください。

よくある質問

よくある質問

「TSUTAYA×リンダパブリッシャーズ 第2回WEB投稿小説大賞」についてのQ&Aを掲載しております。
こちらで解決しない疑問、質問等がございましたら、下記連絡先よりお問合せお願いいたします。

question

どうやって応募すればいいでしょうか?

「小説家になろう」にユーザー登録し、投稿した作品に
Aコースをご希望の場合「ツタヤリンダ大賞A2」
Bコースをご希望の場合「ツタヤリンダ大賞B2」
というキーワードを設定してください。

question

複数作品の投稿は可能ですか?

可能です。

question

過去に、他の小説賞で落選した作品を応募してもいいでしょうか?

可能です。ですが、他社で落選された小説賞の規約に抵触しないか、ご確認をお願いします。

question

他の小説賞と同時に応募することはできますか?

可能です。

question

外国人による応募も可能ですか?

可能です。ただし応募作品は日本語で書かれた作品であること。日本語でコミュニケーションができる方が応募可能です。

question

既に他社でデビューしていますが応募はできますか?

専属契約などを交わしていなければ可能です。

question

文字数の制限はありますか?

応募締切時点で、5万文字以上の作品が応募可能になります。

question

落選した場合、その作品を他の小説賞に応募することは可能ですか?

落選作に対して弊社が何かしらの権利を主張することはありません。他の小説賞にご応募いただくことは可能です。

question

問い合わせはどちらにすればよいでしょうか?

お問い合わせはこちらまでお願いいたします。
メールアドレス:oshiete@lindapublishers.com
なお、作品の選定基準等のお問い合わせにつきましては、お答えしかねますのでご了承ください。

TSUTAYA×リンダパブリシャーズ第1回WEB投稿小説大賞

TSUTAYA×リンダパブリシャーズ
第1回WEB投稿小説大賞

Aコース選考結果

WEB投稿小説大賞

大賞 15万円 書籍化決定
魔王軍の幹部になったけど事務仕事しかできません
著者:悪一

WEB投稿小説受賞

受賞 10万円 書籍化決定
【異世界転生戦記】~チートなスキルをもらい生きて行く~
著者:黒羽

WEB投稿小説受賞

受賞 10万円 書籍化決定
VRMMOでサモナー始めました
著者:テトメト

WEB投稿小説入選

入選(作品をブラッシュアップ後、書籍化)
ハルジオン~口だけ野郎一代記~
著者:曖昧

WEB投稿小説入選

入選(作品をブラッシュアップ後、書籍化)
邪竜を倒した剣聖ですが目覚めたら魔法使いとかいうモヤシ共がのさばっていました。
著者:戸津秋太
総評
この度は「TSUTAYA×リンダパブリッシャーズ第1回WEB投稿小説大賞 A賞」に多くのご応募をいただき、まことにありがとうございました。
WEB投稿小説のコンテストが増える昨今ですが、おかげさまで1042作品もの応募を寄せていただきました。レッドライジングブックスは、昨年の10月に創刊したばかり、本当に生まれたてのレーベルにもかかわらず、多くの関心を寄せていただいたことに驚いております。応募していただいた皆様に厚く御礼申し上げます。

今回開催したA賞には[もし私の作品が映像化されるのであれば「アニメ」がいいな]というテーマがあります。受賞作品の傾向についてですが、その点を意識されてか、応募された作品のうち過半数以上が「ハイファンタジー」「ローファンタジー」という結果になりました。受賞作品にもその結果が反映されています。

また、応募された多くのファンタジーを舞台にした作品、いわゆる“異世界もの”ですが、ほとんどが従来のライトノベルス文芸で書かれているジャパニーズファンタジーを踏襲したものや、既存のアニメ作品やゲーム作品からインスパイアを受けたものの割合が多かったのが事実です。応募作のいくつかには光る「独自性」が込められているものもありましたが、それらを「自分だけが紡げるファンタジー作品」として反映できていないパターンが多く見受けられました。世界観の構成や文章力があるにもかかわらず印象に残りづらい、“突破力“に欠ける作品が多かったように感じます。

大賞作を含めた受賞作が持っていたのは、この作品でなければ読めないという「オリジナリティ」でした。来月1日から再び「A賞」の開催がスタートしますが、ぜひ投稿される方に「オリジナリティ」を意識して臨んでいただければ幸いと考えております。

大賞:『魔王軍の幹部になったけど事務仕事しかできません』(作者:悪一)。
評価すべきは筆力の高さと世界観の構築と演出。人類軍と魔王軍との間に起こった戦争にて兵站(総合的な軍事業務)の革新を、読みやすく、コミカルかつリアルに描いた作品です。主人公はチート系勇者に転生したわけではなく……いわゆる普通の日本人。事務しかできない主人公が、転生先の魔王軍の中で紙とインクで戦局を変えようと四苦八苦するというストーリー。これにファンタジーの作品世界に実際の世相を反映させたりと、WEB小説の特性を駆使し物語を紡いでいる点を高く評価させていただきました。

受賞:『【異世界転生戦記】~チートなスキルをもらい生きて行く~』(作者:黒羽)
2度目の人生を別世界でおくる、いわゆる「異世界もの」の作品です。ステータス欄が作中登場しますが、イージーな作りではなく、スキルに充実したカテゴリーが割り振られています。またステータスを通して世界の在り方が把握できるようになっています。ステータス以外でも事象を徹頭徹尾細かくわかりやすく説明しており、黒羽さんが、自身の想像する世界観を“可視化”しやすいよう文章を組み立てられている点を評価させていただきました。

受賞:『VRMMOでサモナー始めました』(作者:テトメト)
この数年で確固たるジャンルとして確立された感のある「VRMMOもの」。仮想現実大規模多人数オンラインゲームをテーマにした作品群は増える傾向にあります。本作品の特徴はデスペナルティなどのシビアな要素など皆無の、まったりとしたゲーム内描写。また、主人公による怒涛の独白と会話劇、これらの量の匙加減が絶妙で、テンポよく読み進められました。可愛らしい女性キャラクターも多く、それぞれを活き活きと描く姿勢も高く評価させていただきました。

受賞:『この度、公爵家の令嬢の婚約者となりました。しかし、噂では性格が悪く、十歳も年上です。』(作者:市村鉄之助)
ファンタジー世界における貴族社会が舞台の、主人公の成り上がりストーリー。ただしその道は平坦ではなく非常に“ワインディング”なもので、読み手を飽きさせない創意工夫が随所に散りばめられています。題名にもある「婚約」というファクターのみに頼らず、戦いや家族愛などを重厚な設定を駆使し描ききっています。登場人物一人一人の息遣いさえ感じられるような描写力には感嘆しました。

また、今回、開催当初には予定していなかった「入選」を設けました。これは、完成度その他が未熟で受賞作一歩届かないけれども、担当編集をつけることで書籍化実現レベルまでブラッシュアップをさせていただく、という位置づけです。わかりやすく言うと「奨励賞」相当に当たるとお考え下さい。2つの入選作に共通してあったものは「光る独自性」でした。

今回受賞した4作品は年内に書籍化を致します。また、入選作も1日も早い刊行をめざします。

今後のレッドライジングブックスのラインナップにご注目ください。
レッドライジング編集部

Bコース選考結果

WEB投稿小説大賞

大賞 15万円
該当作:なし
総評
この度は「TSUTAYA×リンダパブリッシャーズ第1回WEB投稿小説大賞 B賞」に多くのご応募をいただき、まことにありがとうございました。

応募総数は556作品。購読対象が高めであろう作品や、現実世界を意識した骨太な作品が多く集まりました。

B賞のコンセプトは「もし私の作品が映像化されるのであれば「実写」がいいな」。A賞とは全く異なるカテゴリーで、幅広いジャンルの作品を投稿していただきました。

その中で圧倒的に多かったジャンルが「ヒューマンドラマ」と「現実の恋愛」でした。

ドラマや劇場映画など「実写」化されることを念頭に置いた作品が多く見受けられる中、ファンタジーなどの異世界ものやSFなどの空想科学が少なからず応募されていたのが興味深かったです。

また、WEB小説という性質上、避けられない問題なのですが「完結済み」の作品が多く見受けられました。B賞の開催期間が約6か月ということもあり、コンクール開催期間中に連載が終了した作品などもありました。こちらは今後の賞開催における課題とさせていただきます。

もちろん、選考においては連載、完結など関係なく平等に行っていることははっきりと明文しておきます。

今回は残念ながら大賞に相当する作品は選考スタッフの中から挙げられませんでした。受賞作は1作品のみ。本作はコンセプトにある「実写」をはじめ、さまざまな可能性を孕んでいるところを大きく評価させていただきました。

大賞:該当作なし

受賞:『ステータスが見えるようになった俺は君を絶対に救い出す! 〜俺と天使の事件捜査ファイル〜』(著者:藤原ゴンザレス)

現代劇ですが、異世界モチーフ作品で見られる「スキル」「ステータス」というRPG的な要素が加わっています。これがお話の極初期に展開されるので読み手も唐突な感じではなくある種「そういう要素が含まれた現代劇」と納得してから読み進めることができます。話が始まるとすぐにこれらがキーになる出来事がテンポよく差し込まれるので、最初にステータス欄などを記載するという、「思い切りの良さ」が話を展開していくうえで吉となっています。

関東圏で起こる猟奇的な事件、主人公による推理の妙、そして特殊な力を「持つ者」と「持たざる者」の駆け引きなど、著者が持つ「読者を話の中核に引き込む能力」は非常に高いと判断させていただき本作を受賞とさせていただきました。

受賞作は来年度を目処に書籍化する予定です。

また、今後のレッドライジングブックスのラインナップにも是非ご注目ください。
レッドライジング編集部

アニメ映像作品の原作を意識した Aコース 応募はこちら

実写映像作品の原作を意識した Bコース 応募はこちら